サマン

建物は長方形の平屋建で棟の位置をずらし水平ラインを意識し
南側道路に沿って配置した。           
角地なので周辺に圧迫感を少なくしかも敷地全体を利用したい。

道路側には塀を設けず植栽を計画し
室外機も外壁面内に納めテラスを回して建物の裏面を作らないようにした。

内部は外と繋がる必要のない納戸を真中に置き
その周りを分かれてるけどつながり、見えないけど声は聞こえ 
行き止まりがなくひとつながりに回れる連なりにした。

北側に配置したLDKの開口はずらした棟で軒先が長くなり
テラスが室内と身近になり
隣地擁壁を利用して囲まれた大きな庭へとつながり   
サンクンガーデンの様な安心感で庭や空を満喫できる。

一方、南道路側は、昼間使うことの少ない部屋を配置し
壁を厚く窓を制限し視線や音に配慮した。
上下の窓は風を取込みやすく家の中を風が抜ける。

敷地角には桜を植える予定で地域にも季節を感じ
内側からは花見ができるようにと植栽の場所を用意した。
外構は竣工時の完成ではなく
住みながら植栽樹木を充実させていけるようにしている。



所在地 : 奈良県奈良市
構造  : 木造平屋建
敷地面積: 310.33㎡
延床面積: 111.27㎡

タイトルとURLをコピーしました