SAKAS

SAKAS 道路より見る 鉄骨造の家 エスガード
SAKAS 道路より見る 鉄骨造の家 
SAKAS 道路より見る 鉄骨造の家 エスガード ハイサイドライト
SAKAS 夜景 ハイサイドライト
SAKAS らせん階段 鉄骨造の家
SAKAS ダイニング リビング ハイサイドライト エスガード 杉板フローリング セブンチェア 
SAKAS ダイニングよりキッチンを見る ハイサイドライト セブンチェア 杉板フローリング エスガード
SAKAS ダイニングかららせん階段を見る 勾配天井 セブンチェア
SAKAS ダイニング ハイサイドライト セブンチェア
SAKAS ダイニング ハイサイドライトからの光 エスガード 勾配天井
SAKAS キッチン ステンレスウンター 杉板フローリング
SAKAS キッチン ステンレスカウンター 杉板フローリング
SAKAS 杉板フローリング らせん階段を見る
SAKAS ワークスペース エスガード 杉板フローリング
SAKAS 和室 ヘリなしタタミ エスガード 
SAKAS 和室 らせん階段を見る ヘリなしタタミ エスガード 杉板フローリング

敷地は閑静な住宅地にある。
傾斜地にあり敷地周辺は西側の隣地以外は高低差があり
道路側の反対側も高低によるフェンス、ブロック擁壁、
石垣とパッチワークのようで町並みとして近くの眺望は
望めない。
住まい手は夫婦と子供の3人。
夫婦共に仕事を持ち家事など生活全般を分担という考えを
強く持ちその生活スタイルが確立している。
住まい手からは、1km以内の物は窓から見えないこと、
明るいこと、防犯に配慮すること、
必要なものだけで構成し壁などの内部の構成が見えること、どこにいても家族の気配が感じられること、
平日の生活がスムーズであること、という要望があった。
そこで、これらの条件を満たすとともに、
今後予想されるライフスタイルの変化にも対応できるように
部屋といった明確な区切りを設けず
ひとつながりの空間とした。
ほぼ正方形平面の中央からずらして階段を配置し、
階段を支える壁を立ち上げ曲面にした。
階段が衝立となり建具を少なく部屋を間仕切ることが出来、
階段の外側が途切れず回れるので奥行が感じられ室内に
広がりが生まれる。
螺旋階段の衝立は2階の天井から離し、
2階の窓からの光を螺旋階段の壁に反射させて
1階がほんのり明るく照らされた明るさで2階に導いている。
2階に上がると空が見渡せて開放的な気分にさせてくれる。
水周りも、壁によって仕切られた閉じた空間ではなく、
螺旋階段を衝立としてオープンな空間することで
連続性を生み出し
空間全体として視覚的、感覚的な一体感を持たせた。



所在地 : 大阪府箕面市
構造  : 鉄骨2階建て
敷地面積:  64.83㎡
延床面積:  70.15㎡

撮影  : 松村芳治氏

タイトルとURLをコピーしました